ダイニングテーブルの選び方

無垢材のダイニングテーブルの選び方

丁寧に作られた無垢材のテーブルは、長く使えて、使い込むほどに味わいが増していきます。
無垢材のテーブルは、大量生産できる合板素材の家具にくらべれば、安くはないけれど、一生使えるなら、決して高い買い物ではない、と思います。
長く付き合える木のテーブルが欲しいと考えると、暮らしに合っていることが重要になってきます。
ここでは、無垢材で作るダイニングテーブルの選び方についてまとめてみました。

タモのテーブル


広さの基準

テーブルの広さ

テーブルは、ひとり分のスペースを横60センチ、奥行40センチの広さを基準にします。4人掛けなら、巾120センチ、奥行80センチほどの広さがあれば、数枚の皿を並べて4人揃って食事ができます。できれば、部屋の広さや動線を妨げない範囲で、ゆとりのある広い天板が良いようです。


テーブルの脚と脚の間隔

テーブル天板の広さは、脚の形状やデザインによっても、若干変わります。脚と脚の間が狭すぎると、使い勝手が悪くなります。 また、椅子のデザインも考慮して選ぶことも必要です。脚と脚の間隔が、広ければ、両肘付きの椅子が入ります。 どんなデザインのテーブルと椅子にするか、形によっては、テーブルがもっと大きい方が良い場合もあります。

脚間の広さを考慮


テーブルの高さ

テーブルの高さは、椅子の座面の高さから27~30センチプラスしますが、実際に座ってみて、試して決めましょう。
椅子に座らず、床座の場合は、食事をするテーブルなら、35センチから40センチの高さで。 実際に、食事をしたり、書き物をして、ちょうど良い高さを決めましょう。


樹種を選ぶ

よく、テーブルにふさわしい木は何ですか?という、ご質問をいただきます。基本的には、どの木も使えますし、耐久性も美観も大差はありません。
木の種類による違いをあげるとすれば、硬い木、軟らかい木など特徴があります。
針葉樹は、やわらかいので、傷はつきやすいです。広葉樹とくらべると、軽いので、家具を移動する時は、少し楽です。
広葉樹は、硬くて丈夫です。重量は、かなりあります。

樹種一例(広葉樹)


色と木目について

木は、個性が強い色や木目でも、不思議と部屋にしっくりとなじみます。ですから、好みの色を優先して選べます。 壁や床の色、他の家具との雰囲気もイメージしながら、気に入った木を見つけましょう。 木目は、柾目使いと、板目使いでは、同じ樹種の木でも、印象が違います。


木の感触

丁テーブルは、触れる事が多い家具です。他の素材とくらべると、無垢材の感触の良さは一番よいと、感じます。 中でも、やわらかい針葉樹は、触れた時、温かみがあります。
広葉樹は、樹種により表面の質感が違います。ナラやタモなどは、触れた時、木目の凹凸が若干感じられます。サクラやカバ、アサダは、木目が細かく、すべすべとした感触です。 実際に、木に触れてみて、いろいろな木の感触を知ってみるのも良いと思います。

感触も気にして選ぶ


オイル塗装

塗装について

一般的に、ウレタン塗装と、オイル塗装があります。 ウレタン塗装は、厚い被膜を作るので、熱や水分に強いですが、被膜がある分、木の感触を妨げます。経年で、被膜にヒビが入ったり、変色したりしますが、補修が困難です。 オイル塗装は、汚れや熱には弱いものの、木の感触が楽しめますし、木の呼吸も止めません。


メンテナンスについて

ウレタン塗装は、傷が付きにくい反面、1度、傷が付いてしまうと、自分で補修するのは、難しいです。
オイル塗装は、表面の浅い傷や汚れを取りたい時は、自分で補修ができます。用意するモノは、ウエス(布雑巾)と紙ヤスリと、塗料です。オイル塗装の家具は、手に入りやすい材料で、簡単に補修できます。


脚の構造をチェック

耐久性

無垢材のテーブルは、素材そのものの耐久性は高いので、造りがよければ、次の世代まで、長く使う事が出来ます。 造りで、一番気になるのが、脚。脚がしっかり取り付けてあり、グラつかないことが重要です。金具に頼った取り付けは、ネジが緩めば、グラつきの原因になりますので、木と木を組んだ木組を基本にしている構造が理想です。


愛着がわくテーブルを

多くの住宅では、ダイニングテーブルは、部屋のまんなかに置かれています。頻繁に、家族みんなが使う家具でもあります。 インテリアとしても素晴らしく、愛着がわく、そんなテーブルが望ましいと思います。 ダイニングテーブルを囲んで、家族団欒のシーンが思い浮かぶ、そんなベストな1台に出会えるといいですね。

部屋と家族のまんなかにある
ダイニングテーブル