時間や手間をかけた木の家具

特別な家具

お金を払えば、簡単に手に入る時代に、あえて時間や、手間をかけて、木の家具を手に入れる人たちがいます。
その家具には、子供の成長や、幸せを願う気持ちが込められていて、特別なひとつになっています。
そんな家具は、ずっと使い続けたいし、永く使えるのだと感じます。


大人になっても使える机

小学校入学をひかえたお子さんのために作った学習机。大人になっても使えるように、とてもシンプルなデザインです。引き出しは、机と別に作り、キャスターがついています。
北海道産のアサダという木を使っています。アサダは、硬く粘りもあり、傷つきにくい、耐久性の高い木です。紅色の混ざった淡い褐色で、磨くとつややかな光沢があります。

シンプルな学習机


お母さんが塗装しました

母の手塗り

この机は、お母さんが、研磨や塗装をして仕上げました。
お子さんが幼稚園に行っている時間を利用して、数日かけて仕上げました。
とても硬い木なので、磨くのにも時間がかかりますが、仕上がりは、自然な光沢が見事です。
赤味を帯びた色は、経年変化で徐々に色濃く変わっていきます。
深みのある色になった頃、小学生のお子さんは成人されているでしょう。お母さんが作ってくれた学習机。
大人になっても大切に使われるでしょう。


家族みんなでつくった机

小学生になるお子さんのために、家族みんなで造った胡桃の机。構造部分は、職人がひとつひとつパーツを造り、ホゾを彫って組んでいるので、とても丈夫です。
研磨や塗装は、家族みんなで行いました。 まず、サンドペーパーで、すべすべになるまで磨きます。フチは、木のカーブに沿って、磨いていきます。お子さんもできる作業なので、家族みんなで磨きます。手で触ると、すべすべに変わっていく様子がわかります。磨いていると、木の香りが広がります。

家族でつくった机


記念のサイン

日常では体験できない時間

お子さんにとっても、親御さんにとっても、五感に伝わる木の感触や香りは、日常では体験できない貴重な時間です。
天板の裏側には、記念にサインを彫りました。大人になっても、家族で体験した、木の感触や香りは、ずっと記憶に残ることでしょう。


木彫りのチェスト

娘さんの結婚のお祝いに、お母さんが作った木彫りのチェスト。趣味の木彫りで、前板全面にバラを施した見事な胡桃のチェストです。胡桃は、適度な硬さとねばりがあり、狂いが少ないので、家具に適しており、木彫りにも向いています。構造部分は、職人が造りました。一番下の引き出しは、重い物を入れても楽に引き出せる、レールを取り付けています。

木彫りのチェスト


100年の歳月

次の世代に

ここで紹介したアサダや胡桃は、広葉樹。家具が作れるくらい太い幹に成長するには、100年以上の年月が必要です。
今、苗を植えたら、100年待たなければなりません。次の木が成長するまで、ずっと使えるように造ること。使うこと。
造り手も使い手も、100年という歳月を意識したら、モノに対する気持ちが変わります。
子供の成長を願う気持ちと一緒に、次の世代につなげるのは、モノへの愛情。
私達と自然界は、つながっている、ということも伝わるでしょう。