木心庵ブログ ~河野 由樹子が想ふ事~

「杉ならではの」

木心庵は北海道札幌市にて1952年に創業した北海道随一の銘木を揃えた木材の専門店です。

先週、夜営業のパン屋さんがオープンしました。

オーガニック、有機、自然卵を扱うお店の内装は、自然素材や無垢材がお似合いです。

オーナー様自ら選ばれたのが、「秋田杉」でした。

杉の木目と香りに囲まれた中で、楽しみながらパンを選べる無駄のない空間。

お店の様子から、パンのみならず全てにおいてのこだわり具合がうかがえます。

 

秋田杉の表面は「うづくり(浮造り)」で仕上げています。

うづくりとは、木目を浮き上がらせてくっきり見せる仕上げを言います。

杉の柔らかい『夏目(なつめ)』の部分を削ると、堅い『冬目(ふゆめ)』の部分が浮き出たような感じになります。

施すことにより表面を強くし傷を付きにくくさせる効果があります。

 

 

長さ4000ミリ、巾270ミリの杉材が数枚、木心庵の店頭に並んでいたところ、

オーナー様はその中から3枚選び、テーブル天板、椅子、看板を上手に無駄なく組み合わせました。

 

 

 

 

 

先人の工夫のおかげで、杉の特徴がいかされたテーブルと椅子。


『これからずっと役に立って愛されますように』

私は我が子を見届けた親のような心境で店をあとにしてきたのです。

 

 

 

***円麦ムーンベーカリー***
https://marumugi.wixsite.com/marumugi