木心庵ブログ ~河野 由樹子が想ふ事~

「和を装う」

木心庵は北海道札幌市にて1952年に創業した北海道随一の銘木を揃えた木材の専門店です。

私が和服を着るようになったのは、「民族衣装を自分で着られないのは日本人くらいだ」と言われてから。

ドキっとして着付けを習うことにしたのです。

 

老舗和菓子屋のもと女将さんから、まず練習用にと着物と帯を数点いただきました。

中でも一番目をひいたのが木目柄の結城紬。

・・・どこまで木に惹かれるんだか(笑)

 

私の前に3代は袖を通していたらしい年代ものです。

結城紬は初めはマットな質感ゆえ、昔は女中さんに着せておいて、柔かくなってから女将さんが着ていたそうです。

何度も洗い張りを繰り返すうちに、軽やかな風合いが増し身体に馴染んでくるという不思議な織物。。。

そのような話や文様の意味を知ることがおもしろくて、今ではすっかり趣味のひとつとなっています。

 

この帯は和紙でできています。よじらせて(こより?)糸状にしたものを金糸でくくっているのです。

着物の世界には素晴らしい伝統や技術が数多くあるというのに、だんだんと稀少になり遠い存在になっていってしまう、、、。

銘木の世界も同じだわと思うと、なんだか切なくなってきます。

 

銘木、絹織物、和紙、 等々。

 

少しずつでも私なりに和の文化を伝えていきたいな、と思いました。