木心庵ブログ ~河野 由樹子が想ふ事~

「あばれていても」

木心庵は北海道札幌市にて1952年に創業した北海道随一の銘木を揃えた木材の専門店です。

無垢の木は、カタチにして納めてからも収縮は続きます。

私たち木を知る者は、それを「生きている」とし、乾燥などが原因で割れたり反ったりしたら「暴れた」と言い表したりしています。

 

 

数年前に、ススキノの雑居ビルにカウンターを納めたことがありました。

エアコンで乾燥するので、水をはったバケツで保湿対応するも、たちまち端の部分に割れが入ってしまったのです。

 

 

『頼むからおとなしくなってちょうだい』と心の中で懇願しながら、職人と何回補修作業に通ったことか。

 

それから数か月たち、気になりお店を訪ねてみたところ、「いつの間にかピタッと割れが止まった」とのこと・・・ほっ。

 

 

このように、いずれ環境に順応していくのも「生きている」からなのでしょう。

 

樹種は『ベリ』。

遠くアフリカから北国へはるばるやってきたベリは、学びに熱心なソムリエールさんと今日もお客さまを温かく迎えているのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここは上質なワインと会話が楽しめる素敵なお店

「bar a vin -lune-(バー  ア  ヴァン  リュンヌ)

https://www.facebook.com/bar.a.vin.lune/